2005年02月24日

USBメモリにもなるICレコーダ

数ヶ月前からICレコーダを手に入れようと考えている。
しかし価格が不満、デザインが不満、機能が不満、となかなか良いのに巡り合えない。
そんな折、オリンパスから手ごろなICレコーダが発表された。

オープン価格だが実勢価格は1万5千円前後。
USBダイレクト接続が可能でUSBメモリとしても扱える。
単4電池1本で標準約17時間録音可能(最長約45時間録音可能)
聞きたいところを探せるインデックスマーク記録が可能。
早聞き・遅聞きといった1.5倍速・0.75倍速再生が可能。
音声に反応して自動的に録音の停止・開始可能。

と機能としては申し分ないのだが、この価格で128Mに不満を持つのは贅沢だろうか。
新製品しか探してないせいか、1万2万のICレコーダはおいそれと買う気がしない。
5千円で5時間電池が持ち録音も可能、USB接続タイプのICレコーダは無いものか。

オリンパスのページに製品情報があるので気になる方は参照を。

情報元は ITメディア
posted by 直球 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2124812

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。