2005年02月27日

企業の情報管理

ここ数年は企業の個人情報漏れが騒がれた年だった。
ヤフー、ジャパネット高田、ローソンが思いつく。

そのことが影響したわけではないだろうが経済産業省は今秋をめどに
企業の情報管理体制を自己診断できるインターネットサイトを開設する。

情報管理体制の取り組みに関する25の質問に答え、採点をする。
・情報管理のための社内規定を設け、実行しているか
・コンピューターウイルスへの対策をしているか
といった設問に答え、採点結果が政府調達に影響する仕組みになっている。
25の質問を見てみないとわからないが、これで効果はあるのだろうか。
自己診断も頼りないので、ISOなど外部認証を受けた企業を評価すべきである。

ISO14000の環境マネジメントシステムを導入する企業は数年で増えたが
それも国民の環境意識の高まりが背景の一つとしてあったように思うので、
同じようにISOセキュリティマネジメントシステムを導入する企業が増えるには
その取り組みを評価する国民の、情報管理意識を高める必要があるだろう。

情報元は NIKKEI NET
posted by 直球 at 23:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 情報社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全国の政府調達情報(一般競争入札)を公開
Posted by 政府調達情報 at 2009年03月03日 18:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。