2005年03月07日

空き教室の有効利用

今は少子化で生徒が少なくなり、全教室分を40人で埋めることができない。
そうなるとクラスを減らさざるを得なくなり空き教室ができるというわけである。

この空き教室は地域の方に対して、生涯学習目的等で開放されることが多いが、
高校の空き教室に対して既存中学を同居させてはどうか、というニュースがあった。

もし実現すれば、人数が少ないがために生じた合理的な同居になるのだが、
そうした場合、中高一貫校と呼ばれるのか、どうでもいいことが気になったりする。

ともあれ空き教室は使い方によって学校という場の活性化を呼び、
児童生徒にとっても地域や利用者にとっても刺激を与えることなので
開放することに不安はあれど、まずは活用という行動を取ってほしいものである。

情報元は 共同通信
posted by 直球 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2299390

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。