2005年03月08日

笑いの効用

笑いの効用にストレス低減があることは経験上わかっている方や
免疫を高めるということもときどきニュースになるのでご存知の方は多いと思う。

共同通信ではこれに加え、笑いの効用についての記事が掲載された。

【ワシントン共同】お笑い映画を見て思い切り笑うと血管が広がり、血液の流れがよくなることが分かったと、米メリーランド大の研究チームが7日発表した。研究者らは「週3回の運動と毎日15分間の笑いを」と勧めている。笑いの効用については「免疫を高める」「ストレス関連物質を減らす」などの報告はあったが、血管への影響が分かったのは初めてだという。

これを読んで個人的に 毎日15分間の笑いを とあることがおもしろかったという話。
笑いに対して具体的な指示が出ないといけないほど、笑うことは少ないのだろうか。

将来、運動不足ならぬ笑い不足という言葉が出てきたら、まったく嫌な社会である。
posted by 直球 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

笑いの哲学
Excerpt: 「日本笑い学会」という、 笑いを真剣に研究する団体があります。 その「日本笑い学会」会長の井上宏会長は、笑いの効用について、 こうおっしゃっています。 「親和」「誘引」..
Weblog: セルフメンテナンス??曙光??
Tracked: 2006-10-15 05:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。