2005年03月09日

トラックについて

時事通信の記事から。

「邪魔だ」車3台はね飛ばす=大型トラック運転手逮捕−宮城県警

 前を走っていた乗用車3台に大型トラックを故意に追突させ、そのまま逃走したとして宮城県警大和署は9日、傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、岩手県花泉町花泉、運転手佐々木秀一容疑者(54)を逮捕した。「急いでいて前の車が邪魔だった」と供述しているという。

以前、トラックが後ろの車に煽られた腹いせに急ブレーキを踏み衝突を誘った事があったが
トラックの大きさに物を言わせるという点で今回も非常に横暴で許されない行為である。
軽自動車を運転していたら決して同じ行為はできないはずだ。

トラックには車の大きさや、運転席の高さなど、人を横暴にさせる要素がありすぎる。
個人的に意味がわからないと感じているのは、トラックのクラクションの音の大きさである。
もちろんトラックが作業するような場所ではあれぐらいは必要な大きさかもしれないが、
公道を走るならば公道で通用するぐらいの大きさであるべきである。


またデコレーションも運転手の趣味なので好きにしていいが、威圧感を与えるだけでなく
かわいらしい絵の一つでも描いて子どもが見かけたら喜ぶぐらいにならないものだろうか。

何より運転手もトラックの大きさで自分自身が大きくなった気にならず
謙虚な運転を心がけてほしい、と感じているのは私だけではないと思う。
posted by 直球 at 23:39| Comment(1) | TrackBack(1) | ニュースその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。

そういえばテレビでトラック運転手への取材があったのですが
平気でお酒を飲んでいるドライバーが多いようですね。
一方で過酷なスケジュールから睡眠不足の運転手がいたりと
トラック運転についての抜本的な対策が望まれます。

本来ならばそちらでコメントさせていただくのですが、
ヤフーブログはヤフーIDで書き込みする仕様のようで
そうなると妻のヤフーIDでの書き込みにになってしまうので
こちらでコメントさせていただきました。
Posted by 直球 at 2005年03月13日 19:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

トラックドライバーのレベル低下に危機を覚える
Excerpt: トラブルはつきものだが、事故はいくらでも防げるもの。 ましてやひき逃げは全くもって許されない行為である。 13日午前零時55分ごろ、兵庫県養父市上野の国道9号で、燃料切れのため雪の中で立ち往生..
Weblog: spicy blog 『一喜一憂』
Tracked: 2005-03-13 16:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。